ヒスタミンの抑制がカギ!
薬と水素水で激痒アトピーを改善

かゆみがひどくて眠れない日々とさよなら!ヒスタミンから体を守る

強烈なかゆみを引き起こすアトピーは、人によって症状の特徴が異なります。
かゆみや発疹が半年以上続く場合があったり、症状の度合いが変化したりします。
発病メカニズムも、体質や遺伝以外に、環境、心理的な要素も絡んできます。
こちらのページでは、アトピーの基礎的な知識や患者さんの声を紹介しているので、どんな対策を立てればいいかなどを参考にできます。

アトピーに関する基礎知識

そもそもアトピーって?

アトピーは、強烈なかゆみと湿疹が皮膚に生じる病気で、体の至るところに赤みを帯びたブツブツが発症します。
また、アトピーには2種類の症状があります。

  • 再発:湿疹とかゆみがよくなったり悪くなったりするのを繰り返す
  • 慢性:湿疹とかゆみが中々治らない・症状が6ヶ月以上続く(乳幼児だと2ヶ月以上)

アトピー症状は、思春期の内におさまると考えられていました。しかし、大人になってから発症するケースも増えています。

アトピーの症状

  • かゆみ

    長時間同じところをかきむしってしまいがちになる

  • 湿疹(しっしん)

    おでこ、目や口の周り、耳、首、手足の関節部分に出やすい

    赤くなったり腫れて硬くなったりする

  • 乾燥

    皮膚水分が少ない状態で、カサカサする

    角質細胞間脂質が少ないと生じる症状

  • 鱗屑(りんせつ)

    フケのような細かい皮膚のカスみたいなものが落ちる

  • 苔癬化(たいせんか)

    かきむしり過ぎて、皮膚が厚くて硬くなってしまった状態

アトピーの原因

  • 親子

    体質的要素

    ~遺伝によるアトピー素因~

    家族にアトピーやアレルギー症状を持つ人がいる場合、体質を受け継ぐ可能性が高いです。
    このように、家族や本人がアレルギーを引き起こしやすい体質である状況を「アトピー素因がある」と言います。
    体内に侵入した異物質を取り除くために免疫細胞が異常に強く働きかけてしまいます。
    親がアトピーにかかっていても、必ずしも遺伝で発症するとは限りません。
    アトピー素因を持っていてもかゆみなどが全くあらわれない場合もあります。

  • 人々

    環境的要素

    ~住む環境によって発病~

    アトピーなどのアレルギー症状は、住んでいる環境が大きく影響しています。
    主に、衣類などの肌に触れる接触要因や食べるものから影響する摂取要因、呼吸で吸い込む吸引要因に分けられます。
    いずれの場合も、様々な物質が原因(アレルゲン)として知られており、可能性のあるものを避けるのが重要です。

  • 男性

    心理的要素

    ~ストレスによっても発症~

    今まで、極度のストレスを感じた事はありませんか。
    アトピーは、ストレスによって精神的なバランスが崩れる事で発病する場合があります。特に、受験に就活、新しい交友関係構築、会社や家庭内での問題と言ったストレスによって発症するリスクが比較的高いです。
    適度に息抜きをして、ストレスと上手く付き合うのを意識しましょう。

眠りを妨げるほどのかゆみ!代表的な症状「かゆみ」について

アトピーの症状で「かゆみ」は、軽く見られがちですが日常生活に与える影響は甚大です。
治療を受け続けているアトピー患者は、症状に関する悩みをどれくらい抱えているのかを見てみましょう。

アトピー患者のリアルな声

  • 女性のアイコン

    【20代女性 大学生】

    顔や耳の裏や手足が痒くて、夜も眠れませんでした。
    おかげで、いつも寝不足気味で講義に集中できなかったです。
    こんな皮膚のせいで、満足に化粧ができませんでした。
    いつも化粧品かぶれを起こすので、ほとんどスッピンで外を出歩く羽目になりました。
    スッピンでも、赤い湿疹が目立つので、それを学校の友達に見られるのが嫌でひどい症状の日は学校を休む事が多かったです。
    今は、症状が改善されているので、これ以上は悪くならない事を祈りたいです。

  • 男性のアイコン

    【30代男性 システムエンジニア】

    子供の頃は、アトピーとは無縁だったのですが、大人になってから発病したのでびっくりです。
    お腹まわりのかゆみが辛くて、仕事に集中できなくてイライラしてしまいました。
    おかげで、ストレスが溜まり会社の同僚や家族に八つ当たりしてしまいそうになりました。
    今は、通院で治療を受けているので、ある程度の症状は軽減されています。
    しかし、薬や保湿剤を使っている日々が煩わしいので、できれば完全に治したいです。

  • 女性のアイコン

    【10代女性 高校生】

    「もう嫌だ!」と思えるくらいかゆみがひどいです。
    食事の制限は厳しいし、学校の体育の授業も満足にできません。体育館でやる競技は何とかできるけど、外だと紫外線が強い日は外に出ただけでかゆみがひどくなるので見学でガマンします。
    最近、強烈なかゆみで引っ掻いたせいで、白い皮膚の欠片が首元から落ちるようになったので、男子から変な目で見られるので辛いです。
    友達は、気にしなくていいよと言ってくれますが、やっぱり周りの目が気になって外を出歩きにくくなります。

かゆみを引き起こすヒスタミン

アトピー特有のかゆみは、原因となる体内物質があります。それは、ヒスタミンです。
動物全般が持つホルモンの一種なので、体内で生成されます。
また、食べ物から摂取する場合もあります。

抗ヒスタミン剤と水素水でかゆみを抑える

かゆみ症状の原因成分であるヒスタミンの働きは、抗ヒスタミン剤で抑制できます。
即効性があり、副作用もないので強烈なかゆみをすぐ抑えたい時は頼れます。
皮膚科の医師によっては、アトピーの予防策として、抗ヒスタミン剤を処方する場合があります。
ただし、皮膚の乾燥やストレスによるかゆみ症状には、効果はなく、患者さんによっては薬が効かない場合もあります。
事前に医師の診察を受けてみて、抗ヒスタミン剤が効くかどうかを調べた方がいいでしょう。
最近では、健康によいとされる水素水の効能で、アトピー症状を改善できると期待されています。
高濃度の水素が含まれている水は、アレルギー物質である悪玉活性酸素を体内から除去し、皮膚のバリア機能の正常化や免疫力の向上を助けてくれると言われています。